コパ動物病院

お知らせ

お知らせ

ねこのケンカ

 

また今年も、 にゃんこさん達の発情の季節とともにケンカ傷を負うコが

増えてきました。

 

周りのねこの活動が活発になれば、普段あまり外に出ないコでも

「パトロールを強化するニャッ!」、と自分のテリトリーを守るための

お仕事に出かけるわけです。

 

自分の家を奪われないためには、テリトリーを広げてくる猛者とも戦わな

ければいけないこともあります。(本当は家にいればいいんですけど・・)

 

で、こっぴどく咬まれて帰ってきても、傷が小さく気が付かれない事が多い

ため、咬まれてから数日たってから皮膚の下のバイ菌が悪さをしてグッタリ

なんて事もよくあります。

 

特にパスツレラ菌は皮下で増殖しやすく、痛み・発熱・皮下膿瘍の原因

になり、悪化すれば菌血症・感染性心内膜・糸球体腎炎などを引き起こす

可能性もあります。

 

皮膚の下に膿が溜まってきても気が付きにくく、皮膚の一部が壊死して

穴が開き、膿が出始めて気が付くことも良くあり、皮膚が厚く、排膿が遅れ

るほど皮下の病巣も広がっていくため、病院で排膿させるための穴を

開ける必要がある時もあります。

 

 

皮下膿瘍で大切な事は、皮膚の穴を塞ぐ事ではなく、皮膚の下の感染を

抑える事。

 

そのため穴は開いていた方が排膿や洗浄がしやすく、治療がスムーズな

事が多いため、私はあえてカラーなどせずに傷をナメナメさせつつ、

抗生物質で治療を行います。

 

これでほとんどのコは外科的な治療を必要とせずに治っていきますが、

できればケンカしたら早めの抗生物質の投与をおすすめします。

 

 

にゃんこさんもただ遊びで外に出ているだけではないので、

あまり厳しく制限もできませんが、出かけるたびにケンカを繰り返すコや、

免疫力の落ちたコには

本当は外出を控えていただきたい季節なんだニャ~。

 

 

チャースケとサビー.JPG「なら、出にゃい!」

 

2013年3月18日 11:53

マダニに注意!


今年もまた、マダニが付いたコの来院が目立ち始めました。


これは毎年の事ですが・・・

 

今年は、人がマダニから感染する病気

重症熱性血小板減少症」、が大きな問題になっています。

 

推定される致死率は10~30%と言われ、有効な治療法もまだありません。

 


日本での感染報告はまだ一部の地域に止まっていますが、このマダニは

山だけではなく、この辺の庭や、道端の草むらにも普通にいるマダニです。

 

草むらに入る際には長袖長ズボンを着用し、マダニにかまれないように

注意してください。


マダニに寄生されやすい犬猫には、しっかりと予防・駆除のお薬を付け、

散歩後は外でブラッシングをしてかみつく前のマダニを落とすなど、

室内にマダニを持ち込まないようにすることが大切です。

 

もしマダニがすでに喰らい付いているのを見つけたら、無理に取らずに、

絶対につぶさずに、動物病院にご相談ください。

 

(もちろん人がかまれたら、人間の病院へGO! coldsweats01  )

 

マダニ.jpg

     左:吸血後(1cm程)        右:吸血前(2~3mm程)

 

 

2013年2月17日 10:22

ノミとダニ

 

今年もやっと暖かくなり、

気持ちよく犬の散歩ができる陽気になってきましたね。

 

 

ただ残念ながら、良い陽気になればノミやダニも元気に犬猫に

飛びついてきます。

 

 

草が茂れば、そこに頭を突っ込みたくなるのは犬の習性ですし、

ネコ達も、この時期は活動範囲を広げるので、帰ってきて耳の裏を

見たら ダニがビッシリなんて事もよくあります。

 

 

ノミダニは、動物にとって不快なものというだけではなく、

瓜実条虫(サナダムシ)やライム病など、人にも感染する可能性の

ある病気を運んでくるので、ノミダニを家に持ち込まないための対策は

とても重要です。

 

 

もし、お家のコにノミがついていたら、決してつぶさないでくださいね。

ノミ体内の寄生虫がまき散らされて感染しやすくなります。

 

 

また、特に目の周りに食いついているダニも、無理にとらないほうが

いいと思います。

食らいついたダニの頭が残って、シコリになることがあるからです。

 

 

ノミ取りグシやシャンプーで完全に駆除するのは非常に難しいため、

当院では 滴下タイプの駆除薬をお勧めしています。

 

 

もしノミダニがついてしまっているのを見つけたら、取りたい気持ちをぐっと

こらえて、早めに駆除薬をつけてあげてください。

 

もちろん、つく前の予防が一番ですヨ。

 

 

せっかくのこの季節、ノミダニはしっかり予防していれば怖くないので、

散歩日和には、皆さんも愛犬とたっぷり散歩を楽しんであげてくださいね。

dogheart04

 

2011年3月23日 16:33

犬の痴呆症

 

大切に飼われて、長生きするワンちゃんが増えた分、

人と同じように、関節の病気や、心臓病、腫瘍などの病気も増えました。

 

ワンちゃんも高齢になれば、身体も弱っていきますが、

中でも痴呆症は、徐々に症状が進行し、食欲が落ちづらいのもあって

なかなか気付かない病気の一つです。

 

 

よくある痴呆の症状には・・

 

 ① 慣れた場所でも落ち着かず、ウロウロソワソワ

 ② トイレの場所にこだわりがなくなり、時に体を汚す事も

 ③ 食欲が増す。

 ④ 夜鳴きをする事がある。

 ⑤ 狭い所に入り込み、戻れなくなる。

 ⑥ 顔に手や物を近づけた時に、過剰に 『ビクッ』 となる事がある。

 

 などがあります。

 

いくつか当てはまるようになったら、痴呆の始まりかもしれません。

 

 

 

『うちのコ、ちょっとあやしいカモ・・』 と思ったら、

 

上手に木陰に逃げたり、寒さをしのげなかったりするので、

暑さ・寒さ対策をしましょう。

 また、リードの絡みや、足を挟んだり、落ちたりする所がないか

気を付けてください。(リード無しの場合は、迷子防止の柵などを)

 夜鳴きが出るコは、時に悲痛な声で鳴く事もあり、

『虐待されているのでは・・』 と、心配される事もあるので、

近所の方に事情を説明しておくことも大切です。

 

 

 

犬の痴呆症は、珍しい病気ではありません。

 

どんなに大切に飼っていても、なる時はなってしまうものです。

 

 

大切な家族だからこそ、痴呆症だと知る事は寂しいものですが、

痴呆症だと気づいてあげられなければ、トイレの失敗や、激しい夜鳴きに

怒ってしまったり、どうしてよいのか分からずに悩んでしまう事もあります。

 

せっかくの一緒にいられる時間が、ただ辛いだけの世話の時間に

なってしまったら、ワンちゃんにとっても、とても悲しい事です。

 

 

痴呆症のワンちゃんの世話は、ただ頑張るのではなく、

上手に病気と付き合いながら、安らかに生活できる方法を

見つけることが大切です。

 

 

『あれ?うちのコ、ボケ?』

と思ったら、気軽に動物病院に相談してみてください。

 

生活環境改善のアドバイスをさせてもらったり、

痴呆症状や、夜鳴き軽減に効果が期待できるサプリメントなどもあります。

 

 

 

最後まで、『 あなたがいてくれてよかった。』 と、お互いに思えるよう、

何かお力になれる事があるかもしれません。

 

 

 

P1000037.JPG 

            うちのコ (コパ14才) も、だいぶ年をとりましたconfident

2010年10月24日 16:36

蚊の季節

 

いよいよ今年も蚊が・・・

 

この辺りは田んぼも多く、蚊もとても多いようです。

最近になって、病院の明かりに誘われて集まってくる蚊の数が

ぐっと増えてきました。 大変です。

 

 

飼い主の皆さん、フィラリア予防始めていますか?

 

 

フィラリアは、蚊に運ばれて感染し、心臓に寄生する寄生虫です。

 

フィラリア症の予防は簡単ですが、とても怖い病気で、フィラリア症が

進行すると、心臓や肺、腎臓などの障害につながり、治療も難しく

とても苦しい病気です。

 

 

また、犬のフィラリア症は有名ですが、 猫にも感染する可能性があり、

心疾患や突然死を引き起こす可能性がある事が分かっています。

犬ほどは感染率が高くないようですが、やはり予防は大切です。

 

 

フィラリアは、月一回の投薬で心臓に行く前にほぼ駆虫できます。

 

  家のコが元気過ぎて、つい忘れてた・・という方はお早めに dog

 

 

2010年5月28日 17:26

ネコの頻尿に気をつけて!

 

夜、肌寒さを感じるようになってきましたね。

 

この頃から、ネコちゃんの頻尿を伴う病気が増えてきます。

 

 

お家のネコちゃんは、頻繁にトイレに行ったり、排尿姿勢が

長くなっていませんか?

 

お尻あたりをよく舐めたり、変な所でオシッコをちょっとだけ

するようになってませんか?

 

これらの症状がみられたら、要注意です!

 

 

女のコは細菌感染による膀胱炎が 、男のコは膀胱結石による 尿道閉塞

が多く 、 どちらも 1回の排尿量が減りますが 、特に 膀胱結石(砂状)が

尿道に詰まって オシッコが出なくなると 大変危険です。

 

 

あれ?なんかオシッコの仕方がヘン。 ・・と思ったら、

あまり様子を見過ぎずに、動物病院に相談してみてくださいね。

 

早めに暖かい場所をつくってあげて、予防することも大切です。

 

 

ネコちゃんにとっては、 もう こたつの季節なのカモ・・・。 

 

IMG_2414.JPG よろしくネッ♪

 

2009年10月12日 16:39

お盆期間中の診療について

 

お盆期間中も火曜日以外は、休まず診療いたします

ペットホテルも受け付けています

2009年8月12日 17:46

行方不明のネコを探しています

 

    happy01 無事見つかり、飼い主様のもとに帰る事が出来ました。happy01

      ご協力ありがとうございました。 (6月22日)

2009年6月12日 16:31

熱中症は5月から!

 

体温を下げるのが下手な犬(特に短頭種や大型犬)にとって、

熱中症は、とても身近な危険です。

 

 

真夏には皆さん注意されているのですが、

つい油断しがちな5~6月に熱中症の来院は多く、 発見が遅れると、

内臓障害や神経障害につながり、命を失うこともあります。

 

症状は程度によりますが、

激しいパンティングとともに 吐く息がかなり熱くなり、

意識がもうろうとし、 虚脱、 震え、 こわばりや痙攣、 失禁、

眼球内出血なども起こります。

 

 

『ちょっと暑い? ちょっとムレるかも・・ 』 、という時のお留守番には、

十分なお水と 、念のための除湿や、空気を循環させる工夫を

してあげてください。

 

それでも、もし怪しい症状が出てしまったら、様子を見過ぎずに早めに

動物病院に連絡をしてください。

 

P1020003.JPG  ミンナ、気をつけ・・て・・ネ!

2009年5月 8日 09:38

迷い猫のお知らせ

 

 happy01 無事、飼い主さんが見つかりました。(5月27日)   happy01

       ご協力ありがとうございました。

2009年4月22日 12:57

ノラ猫の避妊・去勢手術には補助金が出ます。

 

動物愛護の観点から、飼い主のいない猫の増加を防止するために、

4月からノラ猫の 避妊・去勢手術に対して、市から補助金が交付される

ことになりました。

 

補助対象  市内に住所があり、市内に生息するノラ猫の手術に対して

 

補助金額  去勢手術(オス)…6000円  避妊手術(メス)…9000円

 

手続き  ①申請書と調査票(病院でお渡しできます)を 袋井市役所

          環境政策課 環境衛生係に提出してください。

 

                 ②審査された後、市から交付決定通知が送られます。

          (有効期限は60日間または年度内です)

 

                 ③猫の捕獲。病院に連絡し、手術の予約を入れてください。

 

                 ④交付決定通知書をお持ちの上、猫を連れて来院してください。

          手術費から補助金額を引いた料金のお支払いとなります。

 

 ※ ご不明な点は、スタッフにお尋ねください。

2009年4月 1日 10:22

まもなくフィラリア予防のシーズンが始まります。

 

フィラリア症とは、蚊に刺されることで心臓に寄生虫が住み着く

怖い病気です。

 フィラリアが心臓に達する前に、毎月1回 薬を飲ませることで

予防ができます。

(粉、錠剤、お肉タイプのお薬を用意しています。)

 

 

毎年蚊が出現して1ヶ月後の 5月末頃~蚊がいなくなって1ヶ月後の

11月末頃まで忘れずに投薬しましょう!

 (蚊の出現が早い場合は、4月末からの予防をおすすめします。)

 

当院では、安全のために予防前に血液検査で感染の有無を確認する

事をおすすめしています。 これは、何らかの理由でフィラリアに感染

してしまったワンちゃんに、フィラリアの薬を与えてしまうとショックを

起こしてしまうことがあるからです。

 

詳しくはご相談ください。

2009年3月22日 18:46

ホームページをオープンしました。

コパ動物病院(静岡県袋井市)

住所:静岡県袋井市国本2695-15

電話番号:0538-43-0300

2009年3月17日 20:06

ページの先頭へ