コパ動物病院

お知らせ

お知らせ

犬と湿気とわたし

 

獣医師の加藤です。

 

 

今日も暖かいです。  

 

 

イヤ、暑いです。

 

 

犬は暑さに弱いです。

 

 

 

rain 特に多湿は犬の病気を招きます。rain

 

 

この時期になると増えるのが、

 

  clip 皮膚・耳の病気

  

  clip 熱中症

 

  clip 心臓への負担

 

                   などです。

 

 

 

皮膚の病気は、特にベタ付きやすいコに多いので、

 

シャンプーや、毛刈り、などの対策を♪

 

 

 

5月に熱中症? 

 

と思われるかもしれませんが、

真夏ほど気を付けていないこの時期に多いんです。

 

 

散歩は涼しい時間帯にしたり、

首にアイスノンを巻いて行くなど、

 

対策はしておいた方が安心デス {#emoddys_dlg.emoddys}

 

 

夕方の散歩などでも、低い位置は風がなくて

道路からの熱気を受けていると、

 

散歩から帰って来て23時間経ってから

 

 

『ゼーゼーが止まらないっ!』

 

 

『け、痙攣が~っ!』

 

 

 

なんて事もあります。wobbly

 

 

 

 

特に心臓の悪いコは、

 

 

『ちょっとムレるかな?』位でも

 

昼間のお留守番は

エアコンのドライを入れておくとか、

しっかり風が流れるようにしておく事をお勧めします。

 

 

 

あと、後躯麻痺や寝たきりのコは

身体に付着したおしっこにも気を付けましょう。

 

 

ウジが黙っていません。

 

 

もし湧いてしまったら、慌てず病院へご連絡ください。

 

 

きれいに処置してあげれば、大丈夫です。

 

ちゃんと治りますからね~。

 

 

 

 

にゃんこ?

 

 

だいたいのねこは暖かくなって、元気度UPupです。cat

 

盛りの時期が過ぎて、グータラはしますけど。 catface

 

 

 

あ、抜け毛にはご注意を。。。猫草.JPG

 

 

2015年5月15日 01:51

ページの先頭へ