コパ動物病院

お知らせ

お知らせ

狂犬病について

 

こんにちは!スタッフの近藤です。

 

4月になり、新年度が始まりましたね!

 

 

 花1.JPG

 

 

このあいだ年が明けたばかりのような気がしたのですが・・・(-ω-)

早いものです。

 

 

さて、動物病院では4月から色々な予防が始まります。

 

 

 

ワンちゃんがいるお宅には、市役所から狂犬病の

 予防接種案内がハガキで届いているかと思います。

 

届いていないよ~っという方は、愛犬登録がされて

 いないので、市役所にて手続きをして下さいね(^^)

(登録は市役所の環境政策課でできます。

       1頭3000円の登録料が必要です。)

 

 

ワンちゃんの登録はいわば人でいう住民票のような

ものです。 どこで飼育されているか飼い主は誰か?

を明確にするためのものです。

 

狂犬病は、今もアジアを中心に世界で年間50000人

以上が亡くなっているという、恐ろしい感染症です。

 

ワンちゃんはもちろん、人も猫ちゃんも、全ての哺乳類

感染します。

そして潜伏期間を過ぎて一旦発症したら、ほぼ100

死に至ります。

 

 

日本国内で1957年以降発生していないのは、島国

あるからという事もありますが、

2013年には、狂犬病が発生していないとされてきた台湾でウイルスを持つ野生動物が確認されています。

 

 

日本でもウイルスを持つ動物が入ってくる可能性は

ゼロとはいえません。

 

今の国内での予防接種率からして、もしウイルスが

入っきた時は流行が抑えられないのではないか

という意見もあります。

 

 

人に狂犬病をうつしてしまう可能性が最も高い

のが、一緒にいるワンちゃんです。

 

犬登録及び狂犬病予防接種は、人を守るための

ものなのです。

 

 

「うちの子に限って・・」や、「ばれないならいいよね・・」

という人が増えたら、それこそウイルスが入ってきた

時にその地域で全頭処分なんてこともありえます。

 

 

大切な家族を守り、狂犬病が発生しない環境であり

続けるためにも、必ず登録と接種をしましょう!

 

 

もし病気や健康上の不安がある時は、まずは相談して

くださいね!

 

ちなみに、狂犬病予防接種が2850円、注射済票の交付手数料550円で、計3400円です。

これはどこの病院でも集合接種会場でも同じです☆

 

 

長々と固いブログになりました (;^ω^)

 

 

2015年4月 4日 02:22

ページの先頭へ